一切の妥協を許さない、こだわりの逸品
 
ダブル「Vented」低音域用ドライバー、ダブル低/中音域用ドライバー×2、ダブル中/高音域用と3ウェイクロスオーバー。
ダブル「Vented」低音域用ドライバーとダブル低/中音域用ドライバーの組み合わせ、完璧な位相直線性、また低中高のいずれの音域に対しても緻密かつ精確に表現できる事により、熱中して音楽を聴くことができます。
ダブル中/高音域用ドライバーとその他のパーツの組み合わせも完璧で、精確かつ本物の中音ときめ細かくナチュラルな高音を表現することができます。18ヵ月に及ぶ期間の研究と調整を経てLZ 12はLivezoner41を代表するカスタマイズされた高品質なイヤーモニターとなりました。
 
本物のステレオ効果と精確度の高さ。
一切の妥協を許さない、演奏の音質を完全に再現。
シンプルでパーフェクト。
 


基本仕様
再生周波数帯域:20-20,000hz
インピーダンス@1Khz:24Ω
音圧感度:1mW@1Khz:120.5 dB SPL
防音効果:く 26 dB
コネクタ:標準3.5 mm ステレオジャック
本製品は「Live」オプションはございません。
ドライバー構成(片側) 3 WAY CROSSOVER 6 DRIVER
付属品:ハードケース,クリーニングツール
生産国:イタリア


 
【BARKS編集部レビュー】LinkIcon
LIVEZONER41 LZ12、ビロードのような艶を持つラグジュアリー・サウンド
 


 
Y.Y様 
 
よく聞かれる曲、歌手
(槇原敬之、清水翔太、松任谷由実、ドリームズ・カム・トゥルー、中森明菜、ENYA、手嶌葵他)
 
 
レビューさせて頂くのは、LIVEZONE R41 LZ12
 低域は重心が低いところから、量感も切れも必要十分な適量、もたつきのない良質な感じです。
中域は適度な厚みとスピード感、軽快さと濃厚さを併せ持ち、粒立ちの良さを感じます。
高域は刺さることはなく、煌びやかさと、爽快があるのですが、強く主張することはないので、聴き疲れする事は無いと思います。
音場は最新のユニバーサルモデルと比べると、カスタムIEMということもあり、さほど広くはありませんが、バランス良く、整った音で、丁寧に聞かせてくれるところから窮屈さを感じることはありません。
高、中、低域それぞれに2基づつのBAドライバーを搭載した6ドライバーモデルになりますが、ダイナミックドライバーのような繋がりのスムーズさ、音自体の芯が太めでしっかりしているのですが、それでいてスマートで高い解像度、聴き疲れしないモニターサウンドです。
全体的にアナログライクな、艶やかなサウンドが特徴です。
私自身はpop系の音楽を聴くことが多く、特にアコースティックな音源から漂わせる色艶はまさに"LUXURY SOUND"だと感じました。
 
 


 T.Y様
 
よく聞かれる曲、歌手
(広義のポップミュージック全般、クラシック)
 
 
2015年にLZ12をオーダーし、以来愛用しています。
これまでにも6ドライバ,3way構成のカスタムiemを何本か買ってきましたが、個人的な印象としては、6ドライバ機というのは各メーカーが「色々取り揃えていますが、うちのメーカが目指す『良い音』は例えばこういう音ですよ」というリファレンスとして提示する、言い換えれば評価の基準点として扱われる事の多い機種だと思っています。
LVEZONE R41社がPLURAを発表するまで数年間そうであったように、6ドライバをフラッグシップに位置付けているメーカも少なくない気がします。
1964ears,Unique Melody,JH AUDIO等の、自分がこれまでに購入した定番6ドライバ機はどれもきっちりと一定水準以上のクオリティがありました。
LZ12もそれらに負けず劣らずの素晴らしいciemと思います。
というより、所有している6ドライバ機の中では最も気に入っています。
加えて言えば、他メーカの更にハイスペックな8~12ドライバ機も何本か所有していますが、それらと比べた場合でもLZ12は全く引けを取らないと思っています。
 
LZ12の一番の美点は、「艶やか、華やか」とでも形容できそうな
あまり他機種では得られない潤った感覚が耳に残ることでしょうか。
ひとつひとつの音に注目してみるととても元気に、かつ明瞭に鳴っているんですが「アグレッシブなサウンド」までは行かない。
あくまでなめらかで、いつまでも心地よく聴いていられる。
そのさじ加減がとにかく上手いです(勿論解像度がユルいわけではありません。
解像度は十分に高いレベルにあります)。
唐突に生産中止になってしまった1964ears(現64audio社)の「V6」という6ドライバ機が手元にあるのですが、もしこの機種が気になってはいたが生産中止で買いそびれたと悔やんでいる方がいらっしゃったら、LZ12を勧めます。高い解像度と聴き疲れのしなさの共存、
サラッとした取っつきの良い音傾向という点でV6とLZ12はかなり近いものがありますが、
LZ12の方が上手じゃないかと感じる部分も多くあります。
シェルに関しても非常に丁寧な仕上がりで、フィット感と見た目の美しさ両面で満足のいくものでした。
嬉しい驚きだったのは、シェルの色をサンプルカラーから選び、その後細かくリクエストして自分好みの色調に無料でアレンジしてもらえたことです。
他社では「カラーカスタマイズ」として有料オプションとなるサービスなのですがLIVEZONE R41では代金を求められませんでした。代理店様の連絡、説明、アフターフォローもとても親切に対応してくださり、普段は代理店を使わずにciemを購入する自分でも不安やストレスを感じることなく購入ができました。
正直な所、価格がやや高額であるので購入前は暫く悩みました。
ですが完成品が届き音を聴いてからは買って正解だったと思えました。
「1本だけ、本当に満足のいくciemを買いたい」
「メジャーなハイスペック機を試聴してみたがどうもしっくり来ない」
こういう方にとっては、LZ12は一度試聴してみたり真剣に購入を検討する価値があるciemではないでしょうか。
 
 


 
BARKSさんの記事とは違った印象を感じることが多いのですが、コレに関しては記事のような感じを受けました
打楽器のアタック感も素晴らしく、濁りのないクリアな出音ですが、ただモニターとしては向かないと思います。暴れた音源も心地よく聞かせてくれそうな感じがするからです。
とにかく、出音が無理がないというかスムーズな感じでとても綺麗です。特に中域から高域にかけての音が綺麗に響きます。低音も重低音から中低域まで、意識しなくても感じるとこができるほど出ていて、こちらも余裕のある破綻のない音です。
まさしくシルキーな音です。
何を聞いても、高音がキンキンなったり、図太い低音がドスドス鳴るような下品な感じは、みじんも感じられません。ありきたりかもしれませんが、木目を磨き上がられたモダンなハイエンドオーディオセットで聞いているような感覚です。多ドライバでありがちな、濃すぎたり、暑苦しい感じもなく、とにかく美しい音です。
ハードロックやファンキーな音楽も楽しく聞かせてくれますが、やっぱりオーケストラが素晴らしいです。 音の広がり感といい、解像度といい、コレまで聞いた中でもダントツで良かった感じがします。何を聴いても気持ち良いです。
 
 


 T.K様
 
よく聞かれる曲、歌手
(I'll remember you/佐坂めぐみ)
 
とにかく音の解像感が飛び抜けているように感じます。
音源に籠められた色んな音がこれでもかという勢いで独立して一気に押し寄せてきます。
かといってごちゃごちゃで耳障りという訳では無く、程よく調和してそれが心地よく聴こえます。
「音楽ってこんなに音があったんだ」と思い、このIEMで音楽を聴くのが楽しくて、音楽の良さを再認識させてくれました。
ドライバー数では似たような仕様のカスタムIEMに較べ若干お高めではありますが、6ドライバーとは思えない良い音を聴かせてくれます。
これからもこのIEMで音楽を楽しみたいと思います。
 
 


 販売価格について
オフィシャルサイトならびに国内販売代理店の販売価格表示はすべて税込価格となります。
※現販売価格は輸入に伴う為替変動や諸費用の変動により、予告なく価格改正される場合がございますので、ご了承くださいませ。
インプレッション
インプレッション(耳型)製作費用、弊社にお送りいただく際の送料はお客様負担となります。
 
製品保証について
無償製品保証/ 納品後1年間
無償フィッティング調整/ 納品後30日以内
保証については、製品についたLIVEZONE R41 ASIA(Hiloe Co,ltd)発行の「保証書」が必要となります。納品後は大切に保管をお願い致します。
 ※ その他、有料保証の詳細はオーダーフォームにてご確認下さいませ。
 
納期について
ご注文後のオーダーメイドのため、1~3ヶ月程度、納期にお時間を頂きます。
※ご注文時期にもよりますので、ご注文毎におおよそのお届け時期を確認致しご案内させて頂きます。

カラー・素材について
掲載カラーチャートはご覧のモニター環境により色味が異なる場合がございます。
 ※弊社公式オンラインショップ「ご購入前の同意事項」を必ずご注文前にご確認をお願い申し上げます。


 

製品比較表

 
製 品 ドライバ構成 再生周波数帯域 インタービンス 音圧感度 防音効果
PLURA 3Way Crossover 8Driver 10-24Khz 19.4Ω 109.2 dB SPL < 26 dB
LZ12 3Way Crossover 6Driver 20-20Khz 24Ω 120.5 dB SPL < 26 dB
GAIA 2Way Crossover 3Driver 20-20Khz 60Ω 112 dB SPL < 26 dB
LZ8 3Way Crossover 4Driver 20-18Khz 21Ω 120 dB SPL < 26 dB
LZ4 2Way Crossover 4Driver 20-20Khz 30Ω 122 dB SPL < 26 dB
YULE 2Way Crossover 2Driver 20-18Khz 40Ω 118 dB SPL < 26 dB
LZ3 3Way Crossover 3Driver 20-16Khz 43Ω 118 dB SPL < 26 dB
LZ2  2Driver 20-18Khz 46Ω 117.6 dB SPL < 26 dB
LZ1  Single Driver 20-16Khz 46Ω 115.5 dB SPL < 26 dB
 
 

ご注文方法

STEP.1

カスタムIEM全9モデルよりご希望のモデルを選択して下さい

STEP.2

シェル・プレートカラーの必須事項.及びオプションを選択して下さい

STEP.3

ご注文前同意事項を必ず確認頂き、カートに入れ、決済手続きをお願いします。

STEP.4

当店からご注文確認メール確認してご自身の耳型(インプレッション)を当店までお送り下さいませ。
 

耳型タイプ

イヤーチップタイプ